荷物の積み下ろし作業が多い

トラックドライバーと聞くと長距離移動の多いトラックドライバーをイメージする人も多いかもしれませんが、短距離トラックドライバーはそのイメージとは異なります。短距離トラックドライバーは移動距離が短いのが特徴的なポイントです。移動距離が短いので運転している時間も短いことが多いでしょう。短距離トラックドライバーの場合は長くても5時間程度の運転時間が基本だと考えられます。運転時間が短い分、短距離トラックドライバーは荷物の積み下ろし作業を行う機会が多いと言えます。荷物の積み下ろし作業が多いので、中距離トラックドライバーや長距離トラックドライバーよりも力のいる仕事を行うことが多いです。そのため短距離トラックドライバーになりたい人は筋力トレーニングを行っておく方が良いでしょう。

中型自動車運転免許が必要

短距離トラックドライバーは中型トラックを運転する機会が多いです。そのため中型トラックを運転するために中型自動車運転免許の資格を取得しておく必要があるでしょう。短距離トラックドライバーの勤務時間は会社によって異なります。正社員として雇用される場合は9時から17時までの勤務も考えられます。契約社員として働くことになる場合は、シフト制を採用される傾向が強いです。シフト制の場合では14時からの勤務や深夜帯の勤務を求められるケースもあります。正社員の場合は固定給ですが、契約社員の場合は歩合制で給料が支払われることもあるでしょう。歩合制の場合は仕事をこなした数だけ給料が支払われるので、地理に詳しい短距離トラックドライバーの方が高額な収入を得られる可能性が高いです。