普通自動車免許を所持していれば働ける

短距離トラックドライバーは小型トラックや中型トラックの運転がメインになります。そのため大型自動車免許の取得が必要なく会社によっては普通自動車免許を所持していれば、すぐに仕事が始められることもあるのがメリットの1つです。物流業は需要が高いので短距離トラックドライバーの求人を募集している会社も多く、すぐに就職したい人に適した職業だと考えられます。短距離トラックドライバーとしての仕事を増やしたいのであれば、中型自動車免許の取得もしておくと良いでしょう。短距離トラックドライバーは長くても5時間程度の運転時間なので身体への負担が少なく、肩こりや腰痛を発症しにくいという利点もあります。近場の配送がメインなので見知った道を通ることが多いのも魅力的なポイントでしょう。

給料が低い傾向が強いのがデメリット

トラックドライバーの仕事の中では短距離トラックドライバーよりも長距離トラックドライバーの方が給料が高い傾向が強いです。そのため短距離トラックドライバーの給料では物足りなさを感じる人もいるでしょう。特に固定給が支払われるケースでは短距離トラックドライバーの給料の低さが目立ちます。少しでも高い給料を得たいのであれば、歩合制の運送会社を探すのが良いと考えられます。また運送会社によっては残業手当や育児手当、役職手当などを支給してくれるケースもあります。短距離トラックドライバーの仕事を続けたいけれど、少しでも給料を増やしたいという人は手当で給料アップを狙うのが良いでしょう。短距離トラックドライバーは荷物の積み下ろし作業が多いので力を必要とする仕事が多いと言えます。そのため力のない人にとっては荷物の積み下ろし作業が多いことがデメリットとなる可能性もあります。