大型免許の資格が必要になることが多い

その職業に就きたいと考えた場合、特定の資格が無ければ働くのが難しいということがあります。トラックドライバーの中でも片道300キロ以上もの距離を走ることになる長距離トラックドライバーもそんな職業の一つです。長距離トラックドライバーは未経験者でも働くことが出来るので転職する人も多い業界ですが、大型免許の資格を所持していないと働くことが出来ない場合が多いのです。中には4トントラックのような大型免許を必要としない長距離トラックドライバーの求人募集を行っている業者もありますが、数は少ないので見つけるまで時間がかかることがあります。また、中には免許取得のサポートや講習などを行っている業者もあるので、未経験者はそういった業者を選ぶと安心です。

高収入であることが多い

長距離トラックドライバーの仕事の特徴の一つとして、短距離や中距離のトラックドライバーと比べると高収入だということが挙げられます。長距離トラックドライバーは高い運転技術が求められるだけではなく、決められた時間内に目的地まで荷物を運ぶためのスケジュール管理などが必要となります。運転する時間が長い上にルート配送などと違って知らない道を走ることになるため、向いている人とそうでない人がはっきりと分かれる職業でもあります。しかし、仕事はきついものの年収500万以上の長距離トラックドライバーも珍しくありません。また、年齢や経歴なども問わないので若いうちから稼ぎたいという人や、転職先を考えているという人にとっては狙い目の職業となります。